MIWA SOUMEN
奈良県三輪素麺工業協同組合

手延べ 三輪素麺 奈良県三輪素麺工業協同組合

scroll

Topics

農水省の地理的表示に「三輪素麺」が認定されました。

大和桜井市三輪素麺発祥の地 いまから千二百余年を遡る昔のこと。日本最古の神社、大神神社で神の啓示を賜り三輪山の麓でそうめんは誕生しました。

三輪素麺はお伊勢参りの途中で、訪れた人々を魅了し、手延べの製法も播州(兵庫県)、小豆島、島原へと伝わり、日本を代表する伝統食となりました。江戸時代になると大和の三輪素麺は日本一、と「日本山海名物図鑑」で絶賛されています。 三輪素麺はお伊勢参りの途中で、訪れた人々を魅了し、手延べの製法も播州(兵庫県)、小豆島、島原へと伝わり、日本を代表する伝統食となりました。江戸時代になると大和の三輪素麺は日本一、と「日本山海名物図鑑」で絶賛されています。

万葉の昔から悠久の時を超え、愛され続けてきた本物の味、三輪素麺。奈良県三輪素麺工業協同組合では、伝統の技法と品質を確保、継承し続けるとともに、三輪素麺にさらに磨きをかけより一層の品質向上を追求しています。

信頼の鳥居マーク 農水省「手延べそうめん」品質表示基準よりもさらに厳密な組合自主基準を定めており、これに則って組合員が製造した素麺のみ、品質保証の証として鳥居印の帯紙で結束されます。さらに製品パッケージには鳥居マークのラベルを貼付し、出荷しております。正真正銘の三輪素麺は、鳥居マークを目印にお求めください。

ページトップへ